女性の命といえる髪を守るには|育毛剤がベスト

飲み薬で治す薄毛症状

男性

薄毛症状の原因とは

髪の毛が抜けやすくなってきた、あるいは徐々に頭皮や生え際の薄毛が目立つようになってきた、こうした症状が現れた時にはAGAの疑いが考えられます。AGAとは男性型脱毛症のことを指し、頭皮や生え際からゆっくりと薄毛の症状が進行する点が特徴です。主にその原因は遺伝や男性ホルモンの異常によるもので、髪の発毛、育毛サイクルを乱すDHTという成分がそこで生成されてしまうことで状態が悪化していきます。つまり、そもそもの原因であるこのDHTの生成を防ぐことができれば症状も緩和できるということなのです。そこで、このDHTの生成を防ぐ効果のあるプロペシアという内服薬を活用しましょう。日本では医療機関で処方されるこの薬、現場では実際にAGA治療薬としても用いられています。

副作用とその安全性

プロペシアは医薬品ということもあってその効果が高い分、副作用のリスクもついてきます。もちろん、副作用が現れるのはごくごく少数、しかもそのほとんどが軽度の症状で服用を止めることで問題はなくなります。ただ、危険がゼロというわけではないため、プロペシアの利用は医師の判断の元、行っていくのがベストとなります。中には個人輸入という形でプロペシアを用いる人もいますが、これでは安全性が確保されていない分リスクも高まります。大阪のように安全性の高い医療機関が集中している地域であればむしろ、最初から医療機関を頼る方がよっぽど賢い方法といえるでしょう。大阪でAGA治療をと思うのであればまず、このプロペシアの処方を積極的に行っている病院を探す必要があります。プラスして大阪でも発毛治療の実績が多いところを選択すれば、おのずと候補は絞られていきます。大阪での病院選びに迷った際には参考にしてみるといいでしょう。